歯科治療で築く生きた歯の保護|イキイキTOOTH

Woman

子どもも歯医者さんに

Man and Woman

人口密度の多い街、蕨市では、子どもの将来のために歯科医院へ定期的に通いましょう。フッ素化合物の塗布や矯正治療を行うことで、虫歯や歯列の乱れを未然に防ぐことが可能となります。

Read More...

歯科医院の数の多さ

歯の健康をトータルにサポートする蕨市の歯科がこちらです。ブラッシングの指導から、虫歯の治療、歯科矯正までこなします。

虫歯やインプラントの治療などで津田沼で歯科をお探しなら、コチラへどうぞ。土日祝も診療してるので、お仕事で忙しい方も通いやすいです。

歯科が増えた理由について

Woman

歯科の数は非常に多く、こういった状況になった理由として歯学部の定員過剰問題が上げられます。元々昭和40年代前後の日本では経済成長によって増えた虫歯に対して歯科が少なく、社会問題となっていました。そこで、歯学部をもつ大学や医師会によって歯学部の定員増強、すなわち歯科医師を増やす政策が取られます。その結果歯科医師が増えた為日本人の口内衛生は格段と進歩したのですが、こんどは逆に歯医者あまりという現状が置きてしまったのです。現在では医者の人数が足りないと主張されていますが、医学部定員の増強という対応がなされないのはこういった事情があるからです。

今後はどうなっていくか

現在ではコンビニよりも増えてしまったと言われる歯科に於いて、資格を持っていても生活が成り立たないという歯科医師の貧困問題が騒がれるようになってきました。その根本的な対策として、歯科部定員の削減と試験の難易度を上げるということが行われていますが、大学側としても学問の自由や研究機関としての維持、大学運営の問題などから中々進んでいないのが現状です。逆に生き残りをかけた医師側の対応策として、新技術の導入や保険外治療、また美容歯科のジャンルを導入する病院が増えてきています。これらのおかげで競争が生まれ日本の治療技術と言うのは世界トップクラスまで持ち上げれれている現状もあるのですが、逆に技術がないまま治療を行いトラブルとなっている現状もあります。

矯正治療の中でも比較的難易度の高い裏側矯正は専門のクリニックに依頼する必要があります。最適な治療を受けてみましょう。

歯科治療のこれから

Woman

常に進化を遂げている歯科治療ですが、今後も更に歯科治療は進化していくものとされています。進化のターゲットはまさに高齢社会の高齢者であり、手軽に検診できる仕組みができてきています。

Read More...

高齢社会の歯科治療

Woman

高齢者が増えた現代社会では様々な場面で高齢者をターゲットにしなければならない業界が増えています。歯科医療でも同様で、高齢者の歯科ケアをしっかりと伝える必要があります。

Read More...