歯科治療で築く生きた歯の保護|イキイキTOOTH

白い歯

子どもも歯医者さんに

Man and Woman

病院というのは、病気にかかってから行くところでもありますが、病気にかかる前に予防のために行くところでもあります。歯科医院についても同じで、虫歯などに困らされてから行くのではなく、定期的に通うことが大切です。
蕨市は埼玉県にある市で、非常に狭い街です。その一報、蕨市は全国の市町村のなかでは最も人口密度が高い街でもあります。そんな蕨市でも多くの歯科医院が利用できますので、家から通える範囲でよい歯科医を探してみましょう。

予防のための歯科医院への来院は、大人になってからでももちろん有効ですが、できれば子どものうちから通わせておいたほうがよいでしょう。それには、理由がふたつあります。
ひとつは、子どものうちは虫歯にかかりやすく、またアゴの成長が不十分で歯列が乱れてしまう可能性が高いからです。
もうひとつは、子どものころのほうが治療や矯正が容易だからです。

子どもの歯は成長段階にあり、虫歯に弱い傾向にあります。というのも、子どもは歯ブラシを正しい手順で行うことが難しいので、特に奥歯に残りカスが溜まり、虫歯菌を呼び寄せてしまうのです。予防のためには親が仕上げの歯ブラシをすることが有効ですが、フッ素化合物の塗布など、歯科医院にてしっかり予防することが大切です。
また、特に現代の子どもは固いものを食べる機会が少なくなったので、アゴの成長が遅く、永久歯に生え変わるための環境がしっかり整わない傾向にあります。そんな場合は、蕨市の多くの歯科医院でも行っている矯正治療を受け、アゴを大きくしつつ永久歯が生えてくるのを助けることができます。

虫歯予防に関しては大人も子どももあまり変わりありませんが、矯正治療に関しては、大人よりも子どものほうが素早く終わります。なぜなら、子どものアゴは成長途中であり、その成長する力に合わせて矯正することができるからです。すべての歯が永久歯に生え変わったあとでもアゴの成長は続いていることから、たとえば中学生や高校生になってからの矯正治療も十分に有効です。