歯科治療で築く生きた歯の保護|イキイキTOOTH

白い歯

高齢社会の歯科治療

高齢者の歯科治療・どんな点に注意したらいいか

Woman

高齢化社会を迎えて、ますます元気なお年寄りが増えてきました。それにつれて高齢者の口腔衛生についても関心を集めるようになりました。ただ高齢者が歯科治療を受ける場合、気を付けなければいけないことがいくつかあります。まず、身体の他の部分に病気が無いかどうか、という点です。年を取るとどうしても高血圧などの生活習慣病にかかっている方が多くなります。持病に合わせた処置が必要になってくる場合もあるのです。特に抜歯をする時には注意が必要でしょう。また、どんなに元気に見えても、身体全体の免疫力は下がってきます。感染症などには細心の注意を払う必要があります。一昔前は、高齢者は身体のケアが優先で歯科治療の方が後回しにされる傾向がありました。人間たとえ何歳になっても、しっかりと噛みしめて食事を出来る喜びは何にも代えがたいものです。これからは高齢者の歯科治療がますます注目を集めることでしょう。美しい歯は若者だけの特権ではないのです。

高齢者もインプラントを入れるなら

第二の歯として人気の高いインプラントですが、実は高齢者の方でも施術を行うことが出来ます。確かに以前は骨量の問題があり、高齢者のインプラントは避ける傾向にありましたが、今では骨増量法の進歩により、高齢者の方でもインプラントを入れられるようになりました。ただし、高齢者の方がインプラントを入れる場合、歯科医院を選ぶ際には少し気をつけましょう。糖尿病など持病のある方は総合病院の歯科か、総合病院と提携している歯科医院で治療することをお勧めします。そうすれば万が一、身体の変調が起きてもすぐに対処が出来ます。また、インプラントは施術後のメンテナンスが必要になります。高齢者の方の場合、若い方よりも入念なメンテナンスが必要になることもありますので、費用や方法など、事前に詳しく確認しておいた方がいいでしょう。まるで自分の歯のような白い美しい歯が再び口元に蘇るインプラント、これからは高齢者の方にもますます需要が増えていくことでしょう。